メムのメモ

世界で1番需要のないブログ

人生の目標

 

進学のために地元を離れ、今よりも多少自由になった時のことを空想し、「死ぬまでにやりたいこと」「経験したいこと」などを書き連ねておこうのブログ。18歳の私がやりたいことと、将来の私がやりたいことは違うかもしれないけど一応。まあ勉強したくないだけです、ハイ。

 

 

・自担グループの現場に金と時間と私のモチベーションが許す限りたくさん行く。(18歳の私の自担グループはA.B.C-Zと嵐 たまにKis-My-Ft2だよ。将来の私はどうなってるかな。)

 

・自担グループじゃない現場にも行ってみる。(今のところ行ってみたいコンサートはJフレおじさんたちとセクゾ、SHOCKと滝沢歌舞伎も観に行きたい)

 

・カウコンに行く。ジャニーズと年越しの瞬間を共有したい。

 

SMAPの円盤を買う。

 

・でんぱ組inc.の現場に行く。

 

妄想キャリブレーションの現場に行く。

 

秋葉原ディアステージを訪れたい。可愛い女の子とチェキを撮りたい。

 

・48グループの劇場に行きたい。難波か秋葉原。出来ればみおりんが卒業してしまう前に。

 

・髪を染める。グレーアッシュ。

 

・デパコスを買う。いい女風。

 

・自分に似合わないとか考えずに気に入った服を多少高くても買う。

 

・脱毛する。

 

東急ハンズで文房具とか買う。おしゃれ。

 

・TIFとデザフェスに行く。絶対楽しい。

 

・たくさん写真を撮る。都会はフォトジェニックなもので溢れていそう。

 

・ネイルサロンに行く。

 

・福岡でラーメンを食べる。

 

・応援上映に参加する。

 

 

私の人生いつ何が起こるかわからないし、自担の身にいつ何が起こるかもわからない。

 

実際、ジャニヲタをやっている身としては絶対に行ってみたかったSMAPのコンサートに行くことは叶わなかった。もがちゃんがいるでんぱ組inc.を見ることも叶わなくなった。

 

だからこうやって「したいこと」を書き出しておこうと思った。進学して今よりも自由な身になったら絶対上記のことをするんだ。少なくとも18の私はそのつもりである。そのために18の私は出来ることをするんだ。志望校合格を目指して勉強するんだ。そんなに賢い大学を志望しているわけじゃないけど、私は馬鹿だからちゃんと勉強しないとね。

 

 

 

いつまでもあると思うな 親と金

いつまでもいると思うな 推しと自担

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンサとサポーターズの話

 

クソめんどくさい人間なので自分の話とABC座の話からする。

 

その人のヲタクをする上でのポリシーや、何を重きに置いて生活するかによって、ヲタクと一言に言っても色々行動タイプがあると思うんです。

CDなどの円盤を最小限に抑えてコンサートや劇場をたくさん訪れるタイプ。

逆に、コンサートや観劇を最小限に抑えて円盤を全種類複数買いするタイプ。

社会人やバイトをしている学生だったら両方を楽しむ人だっている。

 

「地方住みだから、学生だから、お金がないから」って言い訳するのはダサいと思ってるし、私と同じ境遇でも頑張って現場に通ってる人がいるのは理解してる。でもまあ聞いてくれ。

私はバイト禁止の高校に通っている。長期休暇だけは学校に届け出て、アルバイト許可証を取ればバイトをすることが可能なので、高校1年の時は許可証をもらって、夏は客室清掃のブラック気味のバイト、冬は年賀状を仕分けるバイトをした。高校2年の時は成績が悪くて許可証をもらえなかったので学校に内緒で寿司屋で永遠に軍艦巻きを作り続けるバイトをした。

その時にもらったお給料を切り崩しながら、月のお小遣い、祖父母がたまにくれるお小遣い、お年玉などを貯めて私はヲタク生活を送っている。まあ基本的に金がない。「お年玉、今年は10万超えなかった〜(T_T)」って言ってる奴を1万5千円握り締めながら睨みつけているのがいたら私です(実話)。

まあそんなんだし(雑)、DD気質で掛け持ちなのと、冒頭で書いたように私も一応ポリシーを持ってヲタクをしているので、円盤を我慢してまで現場主義になりきれない私の信条が邪魔をして、どう考えても東京までの交通費・チケット代・地元まで帰る交通費を捻出できないので、ABC座は毎年お留守番。

ABC座の時期のTwitterのTLは連日舞台の内容で、まあそりゃ私も聖人じゃないので時にはウッって思うこともあるんですが(察して)、でもABC座以外にも個人舞台などに恵まれているA.B.C-Zのファンをしていると、弱小ヲタクの私は我慢する現場の方が多くて、ウッと思うことすら慣れてしまって。

 

しかし今年の春、ABC座2016のDVDが発売された。「Deliciousってこんな曲だったのか」「桂馬の桂馬ってそういうことか…!」「腐れ縁のふみとつたしかに最高…」とまるでTwitterで見た情報の答え合わせのようにDVDを観た。そして弱小ヲタクな私でもABC座を語る権利を得てしまったという事実に震えた。どれだけ必死にTLを追っても、どれだけ雑誌を買っても語ることのできなかった応援屋を語れる。百聞は一見にしかずなんて昔の人もよく言ったもんだなぁって感心した。本当に嬉しくて仕方なかった。

 

しかし人間は強欲なもので、私の中で「サポーターズの『A!B!C!からのZ!ZENRYOKU』をコンサートでしたら楽しいだろうなぁしたいなぁ」という欲が出てきたのである。だってあまりにDVDで観たサポーターズが楽しそうだったから。でもサポーターズは応援屋の曲だしアルバムに入るなんて・・・ありえない・・・いやいやいやありえない・・・(お願い入って頼む)と密かに願っていたのだが、願いもむなしくアルバムに収録されず。「まあそりゃそうか仕方ない」と割り切ったものの、「A!B!C!からのZ!」をするのはもう叶わないかもしれないえび担としての私の夢となった。

 

 

 

そんな中、2017年7月30日を迎えた。大好きなA.B.C-Zの5周年のコンサートの初日の昼公演。行きの車と電車の4時間で「どんなセトリだろう」と考えたりした。もちろん私が想像したセトリには応援屋の曲は入っていなかったし、もはや期待もしていなかった。

だから塚ちゃんのソロでDeliciousが流れてきた時にめちゃくちゃ泣いた。EDMおじさんに扮する戸塚くん(語尾はEZ DO DANCE)がレコードを武器に戦ったりするトンチキ劇だったけど泣いた。もう生で聴けないと思ってたからボロボロ泣いた。

 

トンチキDeliciousでそんなんだった(雑)から、アンコールのサポーターズは泣きすぎて視界がぼやけて何も見えないくらい泣いた。「あっサポーターズだ」って気付いた時には涙が出てた。コンサートで静かに涙を流したことは過去にあったけど、嗚咽を漏らしながら泣いたのはさすがに初めてでしたすみませんでした周りの方々・・・迷惑がかかってなければいいのですが・・・(T_T)

その時戸塚くんがたまたま私とふうちゃんの席の前のリフトで上がってきた。「アァ〜戸塚くん顔が最高だけど涙で見えねぇ」って思って、戸塚くんの顔面を目に焼き付けるために泣き止もうって必死で肩にかけてたSLTのタオルで目元押さえたりしたんだけど、サポーターズはやっぱり最高で最強で涙は意志とは反して溢れてくるので早々に諦めた。

サポーターズのどの辺りだったのか覚えてないけど、戸塚くんが右手でほっぺをツンツンと2回つついていた。戸塚くんがリフトで高い位置にいたのもあって、恵まれていたことにスタンド5列だった私たちからすると戸塚くんは真正面で、視線もバッチリ私たちの方だったから、一瞬「エッッ私!?」とは思ったけど、めっちゃ疑り深い性格なのであまり自分へのファンサだとは思わずにいた。

終演後、ふうちゃんが1番最初に「戸塚くんが!ほっぺを!!」って言ってくれて「やっぱりあれはファンサだったのか」と思ってもう1度泣いた。

ふうちゃんがほっぺにボディシールを貼っていたからそれへのファンサかもしれないし、引くくらい泣いてた私へのファンサだったのかもしれないし、両方かもしれないし、どちらでもなくただほっぺをツンツンしただけなのかもしれない。実際ボディシールと私の涙が見えていたならどんだけ戸塚くん目ぇええねん!!!って感じではある。でも戸塚くんはあの瞬間絶対私たちの方を見ていたし、私は勝手に私とふうちゃんへのファンサだって思うことにします。だってその方が楽しいじゃん\(^^)/勘違い上等\(^^)/

 

 

初めてのサポーターズは泣きすぎて声が震えて「A!B!C!からのZ!」が「エェェェェ!ビィィィィ!シィィィ!!」とヤギのモノマネみたいになったけど最高に楽しかっし、A.B.C-Zのファンをしている上で、(本当はそういうことを思わないで応援しているのが1番いい状態なのだろうけど)、現場に欠かさず行っているようなファンの方と弱小ヲタの自分を勝手に比べて劣等感を感じて勝手にモヤモヤしていたことが、全部とは言わないけど晴れた気がした。現場に通えない私もファンの1人なんだって認めてもらえたような気がして本当に嬉しかった。

なにより、DVDで観れるだけで嬉しくて仕方なかったサポーターズを体験したという事実が本当に信じられなくて、なんなら夢だと思ってる。

 

橋本くんがサポーターズ前の挨拶で「去年まではかっこつけてあんま笑わないようにしてたんですけど、今回はなんでこんなに笑ってるんだろうって(ニュアンス)」って言ってくれてたけど、私も今まで行ったコンサートで1番声出せたし、1番笑ったし、1番泣いたと思う。本当に楽しかったからまだセトリの曲ちゃんと聴けてない!(笑)ロスが怖い!(笑)

 

戸塚くんはMCで「(構成について)特にこだわりはない」(照れ隠しなのか…?)って言ってたけど、会場にいた人全員がセトリも構成も大満足のコンサートだったと思うよ!Deliciousとサポーターズはもちろん、ドキナツ2017でうちわ置いてダンスガチ勢するのも、五関ソロで息を呑みすぎて途中呼吸の仕方がわからなくなったことも、ずっとLOVE大好きだからイントロ流れてきた瞬間に変な声出たのも、戸塚ソロが超戸塚くんでニマニマしてしまったことも、ふとした瞬間「あぁA.B.C-Zのこと好きになって本当によかったなぁ」って思ったことも、何もかも全部が最高に楽しくてハッピーなコンサートだったよ。6800円でこんなに幸せになっていいのかってくらい。本当に楽しかった。私はしばらく現場はお休みで、ABC座もお留守番だけど、私もその間受験生として頑張るね。『どんなに辛い夜も涙が枯れ果てたとしても1人じゃない 忘れないでね』だもんね!忘れないよ!!だって6番目の星だから!!!!!!今回のコンサートも今年のABC座もDVD発売待ってます(気が早い)!!!!!!

新規の長話


突然ですが、、、、


A.B.C-Z5周年おめでとうございます〜!!!!!

いや〜めでたい!!5starsが5anniversaryですよ。めでたい以外の何物でもない!もはや2月1日を国民の祝日にしたい!あっぱれ!!!!!っていう勢いだけで書き始めました。A.B.C-Zへの愛を吐き出すのには、Twitterの140字では足りないと判断し、よく分からないテンションと立場のまま5人への感謝を書き連ねます( ˆoˆ )
後半はクソ新規がどの口開いて言ってんだ、的な内容となっております。閲覧注意です(ToT)




私は、気がつけば「あれ…手元にムンウォが6枚ある…」系ムンウォ出新規芸人なんですが、A.B.C-Zを知ったきっかけは、2〜3年前、たまたま気分で見始めた少年倶楽部
恐ろしく美形がいるなぁと思ったら戸塚祥太だったんですよ。

そこから転げ落ちるみたいに加速してA.B.C-Zを好きになっていくわけなんですが。

やっぱり(?)、今でも戸塚祥太のどこが好き?って聞かれたら、コンマ1秒で「顔ッ!」って即答してしまうだろうし、2番目に好きなところは?と聞かれたら「男らしい身体ッ!」と答える気満々な、戸塚祥太の外見大好きマンなんですよ、私。

きっと戸塚祥太戸塚祥太の見た目で生まれてきてくれてなかったら、たとえ戸塚くんがアイドルになっていたとしても、A.B.C-Zを知ることはなかったし、戸塚くんのターンの美麗さも知ることはなかったんです。

だから、そのビジュアルで存在してくれてありがとう戸塚くん、A.B.C-Zの4人に出会わせてくれてありがとう。文字を通して戸塚くんの世界観を見せてくれてありがとう。歌詞を書いてくれてありがとう。歌声が甘くてありがとう。ターンが世界で2番目に綺麗でありがとう(1番目は五関様(私調べ))。私がA.B.C-Zのことを気になっていた時期に昼ドラに出演してくれてありがとう。
これからも真っ白もちもちお肌でいてね。(もはや戸塚祥太ゲシュタルト崩壊しそうな勢い。5周年だから許して🙏)


橋本くん、A.B.C-Zのセンターでいてくれてありがとう。赤を背負ってくれてありがとう。リコーダーを吹いてくれてありがとう。メインボーカルでいてくれてありがとう。いつもお兄ちゃんを見守ってくれてありがとう。「3年以内に東京ドーム」という目標を発信してくれてありがとう。これからもA.B.C-Zのおっきいわんこでいてね🐶


五関くん、いつもA.B.C-Zの楽曲の振り付けをしてくれてありがとう。とても高貴なオーラを纏ってくれてありがとう。私服でパリコレしてくれてありがとう。女性の時も上から下でありがとう。Hydeのモノマネをやりきってくれてありがとう。マイペースな最年長でいてくれてありがとう。これからも五関様でい続けてください。


塚ちゃん、いつも元気いっぱいでありがとう。真っ直ぐで諦めない姿勢でいてくれてありがとう。自分の世界を表現してくれてありがとう。戸塚くんとプリクラ撮ってくれてありがとう。A.B.C-Zのアクロバットをより派手に魅せてくれてありがとう。たくさん番組に出てくれてありがとう。これからも身体に気をつけてね。


河合くん、いつも率先して笑いを取りに行ってくれてありがとう。素敵なコンサートの構成を考えてくれてありがとう。ペンライトのセンスが唯一無二でありがとう。後輩に愛される先輩でありがとう。笑い方が独特でありがとう。A.B.C-Zのこと考えてくれてありがとう。
これからもA.B.C-Zとファンのことを引っ張っていってね。


A.B.C-Zを好きになれて本当に良かった。私はまだまだA.B.C-Zのことを好きになったばっかりで、まだ買えてない過去のDVDやCDもあるし、知らないエピソードだってあると思う。
けど、曲を聴いたり、映像を見たり、雑誌を読んだりして、毎日ワクワクしています。
毎日ワクワクをありがとう、A.B.C-Z






さて、後半です。クソ新規が突然去年のお話をします。


私は、Sexy Zone5周年だった去年の11月頃、「A.B.C-Zの5周年はどういう風に盛り上がっていくんだろう」っていう楽しみと少しの不安があって。

その頃、Sexy Zoneの5周年が羨ましいくらいに大々的だったのもあったし、Twitterの検索窓に「えび」って入れると「売れない」って出てきたり、2017年度のカレンダーの発売がないと発覚したりで、ちょっと勝手に不安になった時期だったんです。f:id:S_____38:20170201092345j:image

能天気でお馴染みの私もこんなツイートしちゃったりしてました。(今考えると、めちゃくちゃ余計なお世話案件なんですけどね!)

でもこのツイートの2日後の11月28日に更新された、橋本くんのJohnny's webでの連載「Hassy's Style」。

そこで橋本くんは本当に突然、「3年以内に東京ドーム」発言をしてくれて。

当時ほんとに自分でも引くくらいボロボロ泣いて、A.B.C-Zをこれからも応援したいし絶対一緒に幸せになりたい、A.B.C-Zが導いてくれる道を歩みたいって思ったんです。(重い)

その頃、河合くんは可愛い後輩、Snow Man深澤くんとディズニーデートしてましたね。(この事実を知って、やっと泣きやんで笑顔になれました、ありがとう河合くん。)

f:id:S_____38:20170201093257j:imagef:id:S_____38:20170201093306j:image


この11月28日がなかったらきっと私は少し不安なまま5周年を迎えてたし、こんなブログも書いてないと思うんです。

今私は、A.B.C-Z5周年がSNS上でも、全国のCDショップでも、テレビや雑誌でも祝われているのが、どんな立場で言ってんだって感じなんですけど本当に嬉しくて楽しくて誇らしいです。
去年の11月、勝手に不安になってTwitterの画面ばかり見ていた私に教えてあげたい。A.B.C-Zの5周年、最高に楽しいからって。



未来のことなんて分からないし絶対なんてないと思うけど敢えて言うね、
私は絶対A.B.C-Z東京ドーム公演に行くし、A.B.C-Zのことをずっと好きでいるよ。

A.B.C-Zのことを馬鹿にしてたら油断してる隙に噛みつくし、ギャフンと言わせてやるからな!!!!!





だからずっと6番目の星でいさせてください。
A.B.C-Zのさらなる飛躍と活躍、期待しています。



Are You Happy? 私的備忘録




超今更ですが、、

12月17日。ナゴヤドームにて、私的に人生初の嵐さんのコンサート、「Are You Happy?」に参加してきたので、自分的に思ったこと、感じたことなどを、セットリストに沿った形式でメモとして書き記したいと思います。
記憶力がクソなので、何も覚えていない曲は飛ばしていきます。

基本ネタバレしか書かないので、もし見ている方がいられたら注意してください。




《01.Ups and Downs》
嵐存在したっていう事実でここから3曲ほど大号泣。
有り得ないくらいキラキラしてるし、めちゃくちゃアイドルじゃん・・・


《02.supersonic》


《03.I seek》
イントロの爆上がり感。
変態なので、櫻井くんの細い太ももをずっと見ていたように思う。


《04.Oh Yeah!》
キタァァァァ(゚∀゚)━!
やっと私にも ジャンッ ジャンッ ジャンッ ジャンッ /の煽りでジャンプする日が来るなんて。
嵐コンサートの名曲をこんな序盤から・・・私死ぬのではと思いながら両手高くあげてこの地球をささえてきました。


《05.Love so sweet》
Oh Yeah!からラブソー。何か既視感があると思えば、嵐のアルバムの中でも名盤と名高い2007年リリース「Time」の1曲目と2曲目なんですよね。
公演中これに気がついた私の開いた口の閉じなさと言ったら。

私が観た回のラブソーは末ズが超カップル芸してまして、

ノノ`∀´ル「伝えきれぬ愛しさは〜」(おてて差し出す)
(.゚ー゚) (!?)
ノノ`∀´ル (ガシッ(握手)) (.゚ー゚)

みたいなことしてて最高にキュートの極みでした。


《~挨拶~》
他の公演のレポを見ていないので最近のお気に入りだったのかは分からないですが、潤くんが「(櫻井くんを真似て?)上のほ〜〜う!」と言っていて、翔潤〜〜〜ッッッってなりました。


《06.Sunshine (櫻井ソロ)》
シルバニアの灯がともる大きなお家のような(小声)家が映像で映し出されてる時点で、「櫻井翔可愛い〜〜〜(ToT)(ToT)」ってなる1曲。
ジュニアくんたちを先導しながら踊る姿はニコニコしてるのに、間奏になると急に表情が変わってめちゃくちゃ惚れた・・・
床に倒れ込み、片手で身体を支えるような振り付けがあって、そこがめちゃくちゃかっこいい・・・DVD出たらアホみたいにリピする・・・


《07.To my homies》
櫻井くんのソロ終わりに、櫻井くんが誰かに電話をかけて始まるという流れ。その後すぐにスクリーンに映し出されるジュニア時代の嵐の写真。幼い笑顔の20年ほど前の嵐の可愛さにズッキュンでスクリーンに釘付け。
スクリーンの幼い嵐(可愛い) vs 今現在のクールでかっこいい嵐(結局可愛い)

後半は映像が現在の嵐が家で集まって、ただ笑いあったり、人生ゲームをしたりする映像に(個人的にはKIRINの幸せ一番街みたいな映像だなぁと)。

ここで、「あぁ、最初に電話をかけていたのは嵐へだったんだ」と気付いて号泣。仲良いかよ。

個人的には、アルバムで聴くよりもコンサートで聴いた方が好印象な1曲。
もう1度今回のコンサートの曲を1曲だけ生で聴けるならこの曲を聴きたい。


《08.DRIVE》
オープンカー(割とガチで作られてる)に乗ってご登場された嵐。
いや〜〜嵐のセット凄いな、金かかっとるわ!感。
そして車のナンバーが【ARASHI 0915】となっていて、芸が細かい👏👏👏

車は、
運転席:松本 
助手席:櫻井 
後部座席:二宮 相葉 大野

ここで炸裂したのが「嵐お家芸 わちゃわちゃ」。
ここまでファン心理を理解した構成が出来る松本潤って何者・・・?と思いながらも、しっかりこの目に焼き付けてきました(ToT)
※無能故、どのようなわちゃわちゃだったのかは記憶しておりません。自分が憎い。

追記:
季節外れの打ち上げ花火 祝福してる
のところで、実際に小規模な打ち上げ花火が打ち上げられるのですが、上の方を見てお口ぽかーんで小さくパチパチパチィって感じで拍手する櫻井くんが最高に赤ちゃんでした。絶対3歳だった。


《09.Step and Go》
スクリーンに映し出される重ねられた5人の手。
私)アッッステゴ来るッッステゴ来るッッッ
嵐)うぃーがなすてっぷごぅ!
私)†┏┛墓┗┓†


《10.Don't You Get It》
櫻井くんの太ももがえっち。松本潤の腰がどエロい。


《~MC(ミニ)~》
えっえっ、何っ!?と思えば、弟たちが大野智を好きなだけのミニMC。可愛いの極み。
特に可愛かったのは、

(嵐って4人だっけ?という流れで)

櫻井)あれ!?タリナイ!タリナイ!(手を顔の前で振る)

あまりに自然に出てきすぎて、そういう一発ギャグを持った芸人さんいたっけ・・・?と考えてしまった(笑)


《11.Bad boy (大野ソロ)》
大野智の新境地。めちゃくちゃふざけてるのに歌とダンスが抜群に上手いから、かっこいいとも可愛いとも取れちゃうのずるい。好きになっちゃうじゃん。

私が観た回の大野ソロはスペシャルver.だったらしく(後のMCでメンバーが発言)、サビ前の振り付け(パントマイムの要領でドアを開ける)の箇所で、いつもは観音開きだったり、襖だったりする扉が、12/17の公演では二枚扉だったらしくドアに激しくぶつかる大野さん。
何そのおちゃめ心。そしてそれに気付く4人。可愛いが溢れてるわ。4人は裏でじっくり見てるんだろうな(ToT)

スクリーンに流れる映像が最高に面白いのでJ Stormはスクリーンの映像も特典に盛り込んでくれよな!!!


《12.TWO TO TANGO》


《13.復活LOVE》
欲しいタイミングに照明が付く感じ最高でした。ここまできたら爽快の域。


《14.青空の下、キミのとなり》


《15.Power of the Paradise》
相葉雅紀の馬跳びをこの目に焼き付けることができただけで、このコンサートに意味があったのだ。感

《~MC~》

(大野智主演映画「忍びの国」の公開日が決まったという話)

もう情報を公開していいのかと焦る4人と、知らないけどまあ大丈夫っしょ〜な大野智

大野さんの反応を見て余計不安がる4人。


二宮「皆さん、1回自分の頭ぶん殴ってもらって〜wwww」


ちなみにファンは結構前から公開日知ってますよ、嵐さん。


《16.Baby blue (松本ソロ)》
松本潤も大人になったなぁ!(誰)

セクシー路線じゃなくても"大人"を出せるようになった松本潤に驚愕しつつも(誰)、ふとした瞬間に見せる笑顔に少年性を感じ(誰)、なんだかんだ松本潤は天使という結論に至りました(誰)。

スクリーンの映像も凝っていて、小栗旬が映った時は流石に声が出た。
J Stormさんこっちの映像も何卒🙏🙏


《17.Miles away》
《19.WONDER-LOVE》
この3曲はほんとに綺麗の一言。
しかし私が無能故に「綺麗」の一言しか書けないので早くDVD化してくれ、J Storm


《20.また今日と同じ明日が来る (二宮ソロ)》
1番予想よりも良かった曲。
予想が低かったわけではなく、私の高い理想と予想を遥々と超えてきやがった1曲。
それは二宮和也だけがすごかったわけではなく、ジュニアの力もあったように思った。

超主観 & 見終わって気付いたことは、二宮ソロのあの場では、「人間らしい、いい意味で人間臭いもの」は"二宮和也"のみだったんだ、という点だ。

たとえ観客が振っているペンライトでさえ、人間が意志を持って振っている「人間らしいもの」なのでもちろん自動制御でオフになる。

だから自分の意思を反映させないような、振り付け通りの振り付けをキッチリと揃った状態で提供してくれたジュニアくんたちには大感謝である。

そして二宮和也の圧倒的な存在感。
息をするのも忘れるとはこのことかと思い知らされた。ちなみに櫻井担でこの有様である。二宮担は他界したのでは?

DVD化すればリピート再生すること間違いなしである。


《21.Amore (相葉ソロ)》
Tシャツを捲りあげて腹チラしたり、腰が性的だったりでほんとエッチ!!って感じなのに、相葉雅紀がすることによって、爽やかさと少しの面白さがプラスされるから全然いやらしくない。可愛い系爽やかエロ。新ジャンル。
そしてジュニアの使い方が天才。二宮ソロとは正反対な感じ。

5人のソロの中で1番単純に楽しくて盛り上がれた曲。


《~失恋リハビリ道場~》
手羽先ボーイに天むすガールがパワーフレーズすぎて頭から離れない。考案者出てこい。
イケメン5人が何らかの問題を抱えていてモテないという設定。なにそれ可愛い。


《22.青春ブギ》
はぁ〜〜〜楽しい・・・・・・・・やばい。
太鼓の音に合わせてペンライトを振るのも、可愛い嵐を見るのも、何もかも楽しい。早くDVDになれ・・・・・・


《~ハッピーメドレー~》
「もしかして私アラフェスに来ちゃった?」と思ってしまうレベルでヒット曲 ファンが嬉しい曲の連続。


《32.a Day in Our Life》
あぁ〜〜〜〜ッッッ(;_;)私今C&Rしてるんだ(;_;)っていう感動を味わい号泣。


《33.五里霧中》
スクリーンの映像がジェットコースターだった記憶(こういう意味のわからないところで発揮される微々たる記憶力)
 

《34.エナジーソング~絶好調超!!!!~》
やばい楽しい

《35.Daylight》
終わってまう・・・終わってまう・・・むり・・・


《総括》
ほんと記憶力がクソなのでめちゃくちゃ薄い内容になってしまったけど、とりあえず嵐かっこいい。めちゃくちゃアイドル。
潤くんが最後の挨拶で「絶対再会しようね、難しいかもしれないけど(笑)。でも絶対再会しましょう。(ニュアンス)」って言ってくれてて、私は号泣しながら必死にウンウン頷いて、早く会費振り込もうとか考えてました。
てなことで、私は絶対絶対嵐に再会しなければならないので、強く生きようと思いました。



来年もヲタクするぞ〜〜〜〜〜!!!!!
 

好きのベクトル。


10月1日に大阪城ホールにて行われた『A.B.C-Z Star Line Travel Concert』。

A.B.C-Zを知って、知識を詰め込んで、大好きになって、応援し始めて2年。

私は初めて生でA.B.C-Zを観た。

同じ次元で生きていたんだなって実感して、かっこよすぎて呆然として、河合くんのファンサを間近で観てメイクが崩れるのも気にせずボロボロ泣いた。

私は今回めちゃくちゃ運がよかったらしく、いわゆる神席と呼ばれる席だった。触れようと思えば触れられる距離だった。
途中、近すぎてペンライトを振るのも忘れて見入っていた。

とてもかっこよくて楽しくてワクワクする公演で、120%満足した。

しかし帰宅後に気がついたことは、あんなにガン見していたのに戸塚くんの顔がなぜか思い出せないということだった。

切りたての髪がどれくらいの長さだったということやMCでの発言は思い出せるのに、顔・表情・踊る姿、何もかも思い出せない。

目の前を通って行った高貴でエレガンスな五関くん、少し俯いた横顔が大人だった橋本くん、キラキラ笑顔の塚田くん、ファンサをくれた河合くん、目の前を走り去って行ったシャカリキJrくんたちの顔や表情、衣装は思い出せるのに、戸塚くんが絡むと一気に思い出せない。

なんなんだこのプチ記憶喪失・・・こっちはちゃんとこの目で戸塚祥太をガン見してんだよ思い出せよ・・・という気持ちで、Googleで《顔 思い出せない》と検索。すると、出るわ出るわ同一症状でお困りの皆さん。

私は専門家でも何でもないので、ウェブページに記載されていたことが本当かどうかは分からないが、好きな人を見ると瞳孔が開き、眩しく見えるらしい。だから輪郭は思い出せるのに〜!みたいなことが起こる…らしい。

他にも、

・頭が真っ白になるから
・恥ずかしいから相手を直視できていない

などの理由も挙げられていた。

それだけ私の中で戸塚くんが特別なのか、と気付いてなんだか嬉し恥ずかしな気分に。

なんだかただの痛い人のブログになってしまったが、思い出せないものは仕方ない。

好きな人のコンサートでの顔、表情、ダンスの記憶がポロポロ零れ落ちていくなら、また何度でも観に行けばいい。

そうやって僅かな記憶を積み重ねて、ずっとずっとA.B.C-Zのファンでいたいと思った。



「ABC STAR LINE」楽曲 感想


遅ればせながら、「ABC STAR LINE」の初回Aの楽曲を全て聴き終わったので、感想を書き連ねようかと。

ネタバレと超主観的な考察や誤字脱字を盛大に含む内容になります。まだ聴けてないよ!って方や、お前の考察なんて知るか!という方はお気をつけください。





01.【今日もグッジョブ!!!】

今作のリード曲。

初めて聴いた時はあまりピンと来ていなかったし曲名だっせぇなと思ってたんですけど(小声)MVとの相乗効果で聴けば聴くほどのスルメソングでしたよこれが。

「寝ても覚めても 君のこと 好きで好きで」
の歌詞からも分かるように、1人の女の子を想う男の子が悪戦苦闘するという内容になっているんですが、A.B.C-Zにはこういう曲が似合うと思うんですよ。聴いてる人が頑張れ!と思えるような曲が(超主観)。


難点としては、MVのダンスが覚えやすいキャッチーな振り付けになっているので、無意識に踊ってしまうところですかね。外で聴くと死ぬ、社会的に。



02.【Take a "5" Train】


2曲目で最新シングル!いいね!勢いあるね!


この曲は、A.B.C-Zの楽曲では珍しくラップあるんですよね。私単純脳なんで、ラップしてたら「かっこいい〜!!!!」ってなるんですけど、某M駅の五関様はやばかった(ボキャ貧)。未だに見返してニヤニヤしてます。あれお決まりになればいいな〜〜〜いくら積んだら毎回してくれますかね¥¥¥



03.【1ST STEP】


もしA.B.C-Zが野外コンサートをすることになったら絶対に歌って欲しい曲ランキング1位(私調べ)

青い空の下、ちょっと風に髪型を乱されながらも「かぜっがあつっまるばしょっへ〜」って5人で顔見合わせて歌って欲しい。


そしてこの曲、作詞作曲が「Take a〜」のイワツボコーダイさん!

気になってイワツボさんのことを調べてみると、Kis-My-Ft2最新アルバムに収録されている「メガ☆ラブ」の作詞作曲、玉森くん主演ドラマ『信長のシェフ』の主題歌、「Another Future」の作曲をされていたお方でした!そりゃ好きになるはずやわ。うん、そりゃ好きになるはずやわ(2回目)。

だってAnother Futureとかイントロクイズしたら全国150位には入る自信あるもんね。うん、どうでもいい。



04.【へそのお(塚田ソロ)】


塚ちゃんの声域やばくない?やばい(確信)。

優しくて暖かくて眠くなるような、そんな歌声。勝手にエンジェル・ツカダ・ヴォイスと名付けますね。

正直、歌詞にある所々カタカナの部分とか少し怖く感じてしまうんですけど、エンジェル・ツカダ・ヴォイスだから怖くないんですよね。


コンサートでどんな風に歌うのか、バク転はするのか、リカちゃんは出てこないのか、今から色々と気になる。



05.【V(戸塚ソロ)】


戸塚くんが事務所に入所してから今現在までを書いた歌詞なのかな、と私は勝手に解釈しております。

大スター街道まっしぐらだったわけではなく、そして決して短くはなかったであろう年月を、戸塚くんは今回のアルバムのテーマの「旅」と重ね合わせたのかなぁと。


「V」で私が1番好きな歌詞は、

「華やか過ぎる舞台の上 華やかじゃない位置についた」

ってところで。


A.B.C-Zを好きになってから日が浅くて、彼らの苦労を目の当たりにしてずっと応援してきたわけじゃない私が言うのは、ほんとに失礼な話だと思うんですが、今の彼らがあるのはきっと「華やかじゃない位置」での経験があるからであって。

多分、「V」を作詞した戸塚くんもそう思っているからこそ、「旅」をテーマとした今作でこういう歌詞を、当時を懐かしむような気持ちで書いた・・・


っていう、自担のソロになると気合い入れて気持ち悪い考察しちゃったメムさんでした〜〜(反省はしてる)



06.【Crazy about you(橋本ソロ)】


Aメロ〜サビまでの盛り上がり方が、海外のアーティストみたいでめちゃくちゃオシャレじゃないですか!??!?!?!

そんな超オシャレな曲に負けない橋本くんの歌唱力・・・惚れるわ・・・


私コンサートで死ねる自信あるんですよこれ。絶ッ対踊るじゃん、歌声綺麗じゃん。顔かっこいいじゃん、なのに

(*б_б)「姪が来てくれてて〜」

とか言うじゃん。死ぬじゃん?ハイ命日!



07.【To Night's love(五関ソロ)】


他3人と比べると、アイドルのソロ曲っぽさがある五関くんのソロと橋本くんのソロなんですが、私は2人のソロ曲は正反対だな〜と思うんです。


橋本くんのソロは

君が見つめてくれるまで                            伝えるよMy love
「届かない相手を一途に思うワンコ系男子」「俺の気持ちに気づいて!好きだよ!」
っていう感じの曲だと思うんですよ(どんな歌だよ)

対して、五関くんのソロは
委ねればいい 僕へと
過去も明日も全部を   忘れさせよう   一瞬に

「一人称が僕だからソフトに聞こえるけど、言っていることは俺様」なまさに五関様な歌じゃないですか〜!!!!


そもそもA.B.C-Zのメンバーで、

夜の帳へ消えてく
なんてえっちな歌詞、五関様くらいじゃないと歌えないでしょ!?
河合くんと橋本くんに関しては帳って読めないし意味わかんないでしょ!?(それはそれで可愛い)

あとものすごく気になるんですけど、この曲をレコーディングする時に使われたマイクは前世でどんな徳を積んだんですかね〜!???


09.【S L Boy(河合ソロ)

いや〜〜河合郁人にしか出来ない自虐ソング。
清々しいほどに自虐。
うんそうだね、確かに足は長くないね、でもいい男だよ、と思っていたら、そこは本人も自信を持っているようでした。一杯食わされた気分でした。
  
いけ、いけ、いい男!


10.【DREAMIN'!】

A.B.C-Zって存在がファンタジーだから、こういうファンタジックで壮大な音楽が似合うんですよね〜(盲目)
もし私が油田持ってるレベルの金持ちだったらこの曲でMV作らせてる。そんなレベルで好きですDREAMIN'!

実現可能な未来の話をすると、嵐先輩のようにデ○ズニーの仲間たちと共演できる機会があれば是非この曲を歌って欲しい・・・!
橋本くんはミッキー、戸塚くんと塚ちゃんはチップとデール、河合くんと五関くんはドナルドとデイジーかな・・・
デイジーの隣でしゃかりきに踊った後、デイジーに微笑む五関様見たすぎる・・・


11.【Moonlight waker】

ファンタジックでキラキラなDREAMIN'!から、ダークでセクシーで最高にかっこいいムンウォ・・・ずるい・・ずる過ぎる・・・ヲタクホイホイすぎる・・・ヲタクはそういうギャップに弱いの知ってるんやろ・・・そうやって私達を掌で転がして何がしたいの・・・好きです・・・

ってほんとにガチ泣きした(本当にあった怖いヲタクの情緒不安定話)


12.【Fantastic ride】

めちゃ好き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!抱いて〜〜!!!!!

っていう冗談は置いといてほんとに好きな曲。

星空へとLet's fly
抱き寄せてKiss kiss
二人きりワンダーランド

可愛らしくてアイドルらしい歌詞なのに、メロディーはちょっとアダルトチックでセクシーで、今のA.B.C-Zの年相応!って感じで〜〜〜〜〜好き!!!
セリフの部分もめちゃくちゃ好きです〜〜〜〜(ボキャ貧)!!!!最高しか出てこないほんとに。ふみとつ神🙏🙏


13.【花言葉

爽やかで切なくて、なのにアイドルらしい曲!
やっとアルバムになってくれた・・・これでよりもっと世の中の方に聴いてもらえる・・・!
えび担ではない友人が、「花言葉いい曲だよね!」と言っていたから、世間一般に広まりやすい曲だと思うんだ・・・!広まれ!花言葉


14.【EVERLASTING LOVE】

これまたオシャレな曲。調べてみると、作詞の方が「メクルメク」の方でした〜!そりゃオシャレやわ(メクルメク信者)

A.B.C-Zってみんな歌が上手いからバラードとか似合うんですよね〜
特に五関様とかほんと一国を治めてそうな声でいらっしゃるからほんと・・・建国してくれ🙏



と、お馬鹿丸出しで語彙力の無さを見せつけるだけの文章でした( ˆoˆ )


でもアルバム自体はほんとに素敵なんで買ってください!!!!素敵な曲が13曲詰まって、MVまで付いてるんだよ!!!お得!!!!超お得!!!!



そしてA.B.C-ZジャニーズWESTのFC発足、本当におめでとうございます!
ファンはずっとこの日を待ちわびていました!
本当におめでとう!そしてありがとう!